注文住宅は3つの種類の特徴ある会社が施工します

注文住宅会社の種類

家

ハウスメーカー

耐震耐久性に優れていて、わかりやすい住宅づくりを望んでいる人におすすめの注文住宅会社はハウスメーカーです。組み合わせて間取りを決めたりと、組み合わせから選んで住宅を作ることができます。

工務店

自分のデザインを反映しやすい家づくりをしてもらえるのが工務店です。中間業者がいないため安くで家を建てることができます。厚木では地域密着型の業者が多いので対応に融通が利きます。

設計事務所

とにかく個性的な家に住みたいという方におすすめなのが設計事務所による注文住宅です。デザインの自由度が高く、建築家が設計管理を行なうため、細部までこだわった家づくりをすることができます。

業者選びのQ&A

施工期間が短い業者は?

ハウスメーカーは組み合わせによって間取りを決めることができて、作業の効率化が図られているため工期が短いです。早くマイホームに住みたいという方は、ハウスメーカーに依頼するのがおすすめです。

思い通りの家づくりをしたい

思い通りの住宅を建てたいとお考えの方には、デザインの自由度が売りの設計事務所を選ぶことをおすすめします。

耐久性が高い家に住みたい

耐震耐久テストをハウスメーカーでは実施をしているので、データの裏付けがあるので安心です。また、自社の建材を使用しているので、建材に自信を持っている会社が多いです。

家が建てづらいような土地に建てたい

狭い土地や家が建てづらいような土地に設計事務所は対応可能です。建築家が設計を行なうため、安全な住宅を建設することが可能です。

気候に合った家が建てられるか心配

地域の気候や風土を理解している工務店での施工がおすすめです。地域密着での家づくりをメリットとしているので、もっとも担当と距離が近いのが特徴です。

広告募集中