夢の住宅を建てて住むことができる注文住宅

住宅をデザインする

ファミリー

建設のプランニング

注文住宅はいかに自分が住みたい家をプランニングできるかが重要です。日差しが入りやすいやキッチンを広くと大切にしたい要望を書き出しておきましょう。

間取りのプラン

家族構成や年齢構成によって、間取りのプランを考えます。また、リビングや客間、書斎が必要かどうかなど、間取りを作っていきましょう。

設備や建物を考える

天然素材を多く使用した住宅を作るかや、キッチンやお風呂のグレード選び、駐車場を作るかなど住宅内外の設備を考えましょう。また、外壁の使用なども要望を考えておきましょう。

具体的な夢の住宅を

注文住宅は自分の理想的な家を建設することが可能です。しかし、要望が多すぎるとうまくまとまらずに失敗してしまいます。本当に必要なものや要望したいものを実現させるために、たくさん書き出して施工の担当者とより多くのプランニングをしていきましょう。

施工業者を選んだポイントランキング

no.1

気持ちがいい接客かどうか

家を建てていく中で、担当者とは短い期間だとしても半年は関わることになります。注文住宅ではどんな家を建てていきたいか担当者と長くは関わりあう必要がありますよね。そのため、楽しく家づくりに協力してくれるような気持ちがいい接客かどうかが、施工業者を選ぶ第一のポイントになります。

no.2

分かりやすい説明

接客ともつながってくるポイントですが、担当者がいかにわかりやすく説明してくれるかも選ぶポイントです。知識があることはもちろん、わからないことがあれば当て推量で答えずに、調べて答えてくれるかというのも重要なポイントです。住宅の情報を難しい言葉ではなく、わかりやすい説明で一緒に家づくりをしてくれる業者を選びましょう。

no.3

信用ができるかどうか

業者を選ぶ中で、信頼できるポイントを探す必要があります。施工実績から耐久性や技量に問題はないかや価格などの情報をきちんと説明してもらえるかといった信用性が必要です。

no.4

家自体の耐久性

建造する家の耐久性を実績やホームページの情報から調べましょう。地震大国と呼ばれる日本では特に耐震性を重視しましょう。また、厚木市など地域によって異なる耐震構造も担当の方と相談して強化することができます。

no.5

自分好みの外観選びを

住宅を建設するポイントとして、外観のデザインを重視しましょう。内装は張替えすることが可能ですが外観は変えることができません。重視するポイントとして5位に選びましたが、こだわる人は気を付けた方が良いポイントでしょう。

広告募集中